製品詳細
製品仕様書PDFダウンロード

バックアップソフト:Indelible II

消えない 消さない 消させない

米国MacWorld誌が、最も高く評価したツール。El Capitan対応

Macユーザーの必需品 CD/DVDが宛先に選べます。

初心者からパワーユーザーまで、使って納得のソフトウエア
コンピューターのデータはとても壊れやすいものです。「あ、しまった!」と嘆く前に、Indelible II(インデリブル ツー)をお試しください。
・大切なデータを簡単保存
・保存データを簡単呼び出し
データは圧縮して差分のみを保存するため、少ないディスク容量での保存が可能です。

(パッケージ版 定価 7,776円(本体価格 7,200円))
法人版ライセンスについては、こちらをご覧ください。

無料体験版ダウンロードをこちらからご利用いただけます。

ダウンロード INDELIBLE II Desktop Backup OS 10.7以降の体験版はここをクリック
ダウンロード INDELIBLE II Desktop Backup 古いOS(10.7未満)の体験版はここをクリック

ご購入はこちらから

インデリブル 1ユーザー ダウンロード版

5,400円
(本体価格5,000円)


バックアップソフト:Indelible II

初心者からパワーユーザーまで、使って納得のソフトウエア
コンピューターのデータはとても壊れやすいものです。「あ、しまった!」と嘆く前に、Indelible IIをお試しください。

  • 大切な写真や音楽データをうっかり消去した。
  • 文書に変更を加えすぎて、元データが使えなくなった。
  • フリーソフトをインストールしたらシステムがおかしくなった。
  • ハードディスクがクラッシュした。
  • ノートパソコンを紛失した。
コンピューターを「もとの状態にもどしたい」と思った経験はありませんか。Indelible IIは、自動設定でデータを保存し、必要なときに大切なデータを簡単に復元します。

簡単!

  • 「クィックバックアップ」を選び、大切なiPhoto やiTuneファイルのバックアップをすぐに始められます。複雑な設定はいりません。
  • オリジナルのバックアップ設定を作成するときは、元のデータ(ソース)と保存先(宛先)へファイルをドラッグ&ドロップするだけです。
  • 「すぐにスタート」機能は、バックアップするファイルを事前登録し、操作の時間を短縮します。(OS X10.4 以上)

パワフル!

  • 「過去へワープ」機能で、過去の特定日の状態にファイルとディレクトリを再現できます。
  • 日時や周期を指定し、バックアップ操作の自動予約ができます。また、「ドライブが接続された時にバックアップを開始」するなど、特定のイベントと連動してバックアップをスケジュールできます。
  • 主電源が切れていても、予約時間にコンピューターを起動してバックアップを開始します。
  • ユーザーがログアウトした状態でも、予約時間にバックアップが作動します。
  • ハードドライブの起動可能なクローンコピーを作成します。
  • バックアップデータの圧縮と、パスワードでのファイル保護を選べます。

フレキシブル!

  • 保存先は、マウントされたどのドライブ(ATA, SCSI, FireWire, USB,ネットワークボリューム等)でも大丈夫です。
  • 複数のCD/DVDへ大容量データを分散してコピーします。(スパニング機能)
  • 完全一致のコピーデータを作成し、 OSXの起動ディスクも作成します。
  • 複数コンピューターを使うユーザー向けに、同期機能が充実しています。(自宅と勤務先でコンピューターを同じ状態に保てます。)

今話題のTime Machineを超えた機能:

  • CD/DVD を保存先に指定(高価な機器は不要)
  • 高速スピード
  • 起動可能なディスクコピーを作成
  • 複数の保存先(宛先)設定
  • 暗号化
  • 圧縮(保存先の容量を節約)
  • 電源が切られていても自動立ち上げ
  • パワーユーザー向けにカスタマイズが可能

高度な機能

  • カスタム バックアップ - 様々な設定を使い、ユーザーのニーズにあわせてカスタマイズすることができます。
  • 起動可能なバックアップ作成 - 起動ドライブのクローンを作成し、ブート可能なバックアップを作成します。万が一メインドライブがクラッシュした場合でも、このクローンを使って起動できます。
  • スケジュール管理 - Indelibleのどの機能も自動的に作動するよう、日程や周期を指定してくり返し行うことができます。
  • イベント指定 - ディスクが接続された時や、システムのスタート時など、ある特定のイベントが起きたときに、自動でバックアップなどの機能が始まるように設定できます。
  • 除外ファイル - 特別なファイル(システムファイルやアプリケーションなど)でバックアップの必要がないものは、除外するように設定できます。
  • バージョン付き - フォルダやディスクを完全にコピーし、コピー前の古いバージョンも同時に保存して変更の過程を保存します。
  • 差分バックアップ -  最後のバックアップ時と比較して、変更のあったファイルだけをコピーします。リムーバブルメディア利用時に最適です。
  • バックグラウンド作動 - ユーザーがログインしていなくても、バックアップが作動できます。

DATA RESCUE 3との違いについて

    バックアップを取り忘れたディスクから、データを復元する場合は Data Rescue 3 をお試しください。うっかり削除や誤操作によるデータ消去の場合、Data Rescue 3 ではデータ復元を100%保証できません。データを完全に復元するには、トラブルが起きる前にIndelible IIをインストールしてデータをバックアップしてください。